接骨院開業者の頼れる味方|フランチャイズなら低資金で運営できる|目指せ脱サラ
レディ

フランチャイズなら低資金で運営できる|目指せ脱サラ

接骨院開業者の頼れる味方

治療

独立すれば大きなチャンス

柔道整復師は、伝統医療の1つである柔道整復術という治療技術の専門家です。接骨院、あるいは整骨院と呼ばれる施設に勤務し、主に骨・関節・筋肉などの故障に関する治療に携わっています。その資格は国家資格となっており、資格を有しない者が業務に就くことは禁じられています。柔道整復師は治療施設に勤務するだけでなく、自ら施設を開業することもできます。株式会社など法人化することも可能であり、努力次第では大きな成功を手にすることが可能です。ところでこの治療施設の開設ですが、もちろん独力で行うことも不可能ではありません。ただ、さまざまなサポートを提供してくれるエキスパートが身近にいれば非常に心強い存在となります。そんな開業者にとっての頼れる味方が、柔道整復師会です。

開業後も続く支援

柔道整復師会は、柔道整復師によって構成される職能団体です。注意が必要なのは、医師や歯科医師などと違って柔道整復師には全国統一の組織がないことです。柔道整復師会あるいは接骨師会といった名称で、任意加入の可能な複数の団体が存立しています。柔道整復師会の主な業務は2つあります。1つは新規開業者への相談対応です。開業にまつわる手続き全般から資金計画、広告宣伝に至るまで広範囲にわたるアドバイスを提供しています。もう1つは、開業後の業務支援です。経営相談や各種セミナーの開催、会計システムのリースなどを行っています。また、柔道整復師の施術は一定の要件を満たせば健康保険の給付対象となりますが、これに必要な手続きは本来なら各柔道整復師が個別に行います。しかし柔道整復師会に加入すれば、団体委任制度によって手続きを代行してもらうことが可能になります。