海外の起業で人気のエリア|フランチャイズなら低資金で運営できる|目指せ脱サラ
レディ

フランチャイズなら低資金で運営できる|目指せ脱サラ

海外の起業で人気のエリア

オフィス

天然資源が豊富で親日的

節税や人件費のコストを抑えるために、海外で会社設立しようと考えている起業家が増えています。最も注目されているのがインドネシアです。なぜかというと天然資源が豊富で、世界で4番目に人口が多いからです。また近年の経済成長率も目覚ましいものがあり、国内需要も伸びているからです。インドネシアで会社設立する場合、外資100パーセントの株式会社にすることができます。そのため持ち株などで現地人とのトラブルを避けることができます。最低払込資本金は25億ルピア必要ですが、これは役2500万円です。東南アジアの国々では反政府勢力のテロ活動などが盛んな所がありますが、インドネシアの場合は政情が安定していますし、とても親日的なので安心して会社設立ができます。

小売業などは合弁で設立

ただしインドネシアで外資法人を設立する場合、外資規制対象業種があるので注意が必要です。これに該当しなければ外資100パーセントの会社設立が可能です。どのような業種が規制に引っかかるかというと、小売業や飲食業などです。これらの業種は会社設立できないというわけではなく、現地企業と合弁会社を作ることでクリアできます。また内資100パーセントの会社設立なら可能になります。外資法人ではなく内資法人にすれば最低払込資本金は1250万ルピアでいいのです。これや約12万円です。合弁や内資法人で会社設立する場合は、信頼できる現地のパートナーを見つけることが重要です。そのためにはインドネシアでの会社設立に実績のある専門家や会社などに相談するのが一番です。